読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

漫画「テラフォーマーズ」19巻が熱い展開だった!

読書 読書-マンガ

広告

こんばんは。オガサワラです。

漫画「テラフォーマーズ」の19巻を読んだので感想とか書きます。

ところでテラフォーマーズ達の用いる独特の言語がなぜ我々人類に「じょうじ」と聞こえるのか知っていますか?

バグズ1号が火星に到着することによりテラフォーマーズと人類は、はじめて遭遇します。

この時、バグズ1号乗組員のひとりの名前がジョージ・スマイルという名前だったようで、パニックに陥った乗組員が多く発した言葉が「ジョージ」だったことから

口から音を発してコミュニケーションを取る=「じょうじ」

という風に、テラフォーマーズ達に強く影響を与えたことが原因のようです。

こちらにジョージ・スマイルが登場する話がありましたので、リンクを貼っておきます。

興味がある方はどうぞ。

テラフォーマーズ1 | 週刊ヤングジャンプ公式サイト


長くなりましたが、ここから感想です。

ネタバレを含むので気になる方はブラウザバックで。

テラフォーマーズ19巻

f:id:studio_one:20161120001503j:plain

「全く見た事のないものと出会う時、人間は人間ではいられない。」 
地球に潜むテラフォーマーの非道なる行いに激昂する燈たち『一警護』のメンバー。
残された端末と斉藤の情報を元に、敵のアジトを突き止めた燈たちは、東シナ海に浮かぶ人工島への潜入を試みる! 
明らかになる敵の正体、新たな舞台で人類の生存戦争は未知のステージへと駆け上がる!!

それぞれの思惑が交差する19巻

評判の悪かった18巻とは打って変わってテラフォーマーズ的な熱さと勢いが増した19巻です。個人的には18巻も戦いの舞台が地球に移り新鮮で良いなーと思ったのですけどね。

とまあ、戦いの舞台が地球に移ったことにより勢力図がハッキリしてきたのでここらでざっくりとおさらいしておきたいと思います。

f:id:studio_one:20161120014234p:plain
ざっくりした図で申し訳ないですが…


今のところはこんな感じ。

人類側

・日本
・アメリカ
・ロシア
・ドイツ
・ローマ連邦

がゴキブリを駆逐しようとするのに対して何らかの目的の一致により協力関係にある

・中国
・ニュートン一族

がゴキブリ側の味方をしているという状況ですね。

まさにそれぞれの思惑が交差する19巻…。

それよりも何よりもミッシェルさん!!

f:id:studio_one:20161120011307p:plain
個人的にはミッシェルさんの登場にテンションあがりましたー!

素晴らしき女上司!!

まとめ

と19巻は中々に熱かったのではないでしょうか!! エンジョーイ!!

f:id:studio_one:20161120014641p:plain

これまでのテラフォーマーズの記事
loglog.hatenadiary.jp
loglog.hatenadiary.jp
loglog.hatenadiary.jp