読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

loglog

『おもしろい!』が発見できる個人ブログを。

マイナーおすすめ漫画

読書 読書-マンガ

広告

こんばんは。オガサワラです。

今回はマイナーだけど、おもしろい。そんなおすすめ漫画を紹介します。


魔剣X Another Jack(全2巻)

DC(ドリームキャスト)の名作ゲームである『魔剣X』を、あの『ドロヘドロ』で有名な林田球さんがコミカライズした作品です。

僕は『魔剣X』のダークな世界観なのですが、林田球さんと言えば、それこそダークな世界観が売りの漫画家です。林田球さんと『魔剣X』は、親和性が高く、ほんと見事なコミカライズ。

ちなみに原作の『魔剣X』はPS2に移植されているので、こちらもぜひに。アトラスのゲームなのですが、とてもアトラスっぽいゲームに仕上がっていると思います。ただし、3D酔いします。今の映像技術でリメイクして欲しい。

ともあれ『魔剣X』をプレイしたことがある人なら絶対におもしろい、読んだことがなくてもゲームにも興味が出てくること請け合いのおすすめ漫画です。

夢みる機械(全1巻)

SF・伝奇漫画家、諸星大二郎さんの短編集です。

摩訶不思議な諸星大二郎ワールドが炸裂しています。

中に収録されているタイトル作の『夢みる機械』、こちらは『世にも奇妙な物語』で実写化もされているのでご存じの方も多いかもしれませんが、収録されている全作品とてもおもしろいので、おすすめです。

SARU (全上下巻)

こちらは諸星大二郎さんの『西遊妖猿伝』を読んでいて斉天大聖孫悟空や無支奇のことを調べていた時にみつけた作品。

内容は、スタイリッシュなオカルトSFという感じで、この雰囲気大好きです。

物語に登場する孫悟空は、《モノ猿 = 畏怖》そのものであり、世界各地の神話や伝承に登場する存在です。孫悟空もその数多くの伝承の中のひとつであるという具合。

そして、そのモノ猿と人類が対峙するというのが話の大筋です。

拡散(全上下巻)

自分の存在意味とか、自分と他人をわけ隔てているものってなんだろう…、と巻がさせられる作品。

主人公は、拡散といって存在が霧のように拡散してしまったり戻ったりを繰り返しながら、さまざまな地でさまざまな人と出会い物語を展開していきます。いわゆる形而上的な作品でそういうの好きな人にはたまらないと思います。

東京怪童(全3巻)

『ドラゴンヘッド』で有名な望月ミネタロウさんの作品。

脳の疾患により社会生活が困難な子供たちが暮らす病院が物語の舞台。

脳の疾患、具体的には、思ったことをすべて口に出してしまい嘘がつけない、人がみえない(認識できない)、ところかまわずオーガズムを迎えてしまうなどの、まさに社会生活が困難な癖のある登場人物が織りなす群像劇です。

ツノ病

ゲーム『塊魂』のキャラデザを担当しているクリハラタカシさんの作品。

ポップだけどシュールでコミカルな独特のクリハラタカシさんワールドを展開しています。

作品の内容は、ある日、ツノ病というツノが生えてくる病気にかかってしまったという話で、まあ病気とはいってもあまりシリアスな感じでもなく、『塊魂』の世界観が好きなら間違いなく楽しめる作品です。

まとめ

マイナーな漫画とはいっても基準はどうしようと迷ったのですが、電子書籍化されていないものを中心に選んでみました。あとは、個人的な判断(漫画の雑談で僕がなかなか挙げづらい作品)です。

大好きな作品ばかりなので少しでも興味を持ってくれる人が増えると嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。